雑談ですわ
勝手に気ままに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ京都へ行こう

私が京都を頻繁に訪れるようになり気づいたこと。それが、「地名の由来には、その土地の文化や歴史が潜んでいる」ということです。 京都の地名や通り名には、読み方の難しいものが数多くあります。その例として、糺の森、深泥池、 椥辻、紫竹などが挙げられます。 ある日、私は図書館へ向かいました。京都の地図を開いては難読地名に首を傾げていたので、その由来を調べてみようと思ったのです。結果は、大変興味深いものでした。

化野、紫野、鳥辺野、蓮台野などには、背筋が寒くなるような由来があります。これら京都にある「野」という字が使われる地名は、昔、風葬の地だったのです。 これは京都の地名に限られたことのようですが、「野」という字に葬送の意味を持たせているのです。 私にとって衝撃的だったのが、鳥辺野という地名の由来。「鳥葬」が行われた土地ということですが、その方法たるや、死体を木に吊るして、鳥が啄ばむのに任せる・・というもの。

それにしても、地名って奥が深い!その由来を調査していくと、旅行雑誌では知りえなかった土地の情報がふっと頭をもたげてくるのです。 人生で何もない人間がいないように、地名にも何かしら背景あるようです。何だか、もっともっといろんな地名の由来を調べてみたい気分です。 京都だけでなく、自分の出身地や旅行先など、これからは行く先々で地名を調査してしまいそうです
スポンサーサイト

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。