雑談ですわ
勝手に気ままに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「泣くより行動」藤原紀香がTBS系環境特番で初ナビゲーター!

「泣くより行動」藤原紀香がTBS系環境特番で初ナビゲーター!

藤原紀香さんは旅行好きで知られています。そんな彼女がナビゲーターに挑戦します。期待できる番組になりそうです。。。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000005-sanspo-ent

女優、藤原紀香(36)が3月3日放送のTBS系環境特番「明日のために…今」(後9・0)で番組を仕切るナビゲーターに初挑戦することが11日、分かった。収録前にサンケイスポーツの取材に応じた紀香は、ボランティア活動などで世界各地を訪れた経験を交えながら環境問題について熱弁。先月、夫のお笑いタレント、陣内智則(33)とアフリカ・モーリシャスに新婚旅行した際のエピソードも披露した。
ドラマ、舞台での活躍が目立つ紀香が、TBS系の環境特番で初めてナビゲーターに挑戦する。

 同番組のポスター撮影を行う都内スタジオ。「いつも私が思っていることが、そのまま電波に乗ればいい。台本はありますけど、自分の言葉で伝えていきたいですね。いいお仕事をいただきました」。紀香は、そう意気込みを語った。大役だが気負いはなく、23日の収録を心待ちにしている。

 番組では紀香が1人でスタジオ進行を務め、増え続けるゴミや捨て犬、砂漠化した西アフリカの小国など、世界的な環境問題のリポートVTRを紹介する。

 出演のきっかけは、ブログに綴った世界平和への思いが制作スタッフの目に留まり、昨年秋に依頼を受けた。ボランティア活動で各国を巡り、赤十字の広報特使に任命された紀香にとっても、願ってもない仕事だった。

 これまでに内乱後のアフガニスタン、内戦が続いていたカンボジア、独立運動真っ直中の東ティモールを取材し、惨状を目の当たりにした。今回は司会に専念も「現場じゃなくても伝えられることはある。早くVTRを見たい」と意欲的だ。

 1月上旬に夫と新婚旅行でモーリシャスを初訪問したが、当初はケニアの奥地に行く計画を立てていたという。「ケニアの選挙で暴動が起きたそうなんです。リゾート地のモーリシャスもアフリカの1つ。一番いい場所と一番貧困な場所の両方を見たいと思って」。

 マリンブルーの海ではスキューバダイビングに挑んだ。目の前に広がっていたのは死骸と化したサンゴ。「温暖化が進んでいたことが分かりました。キレイだと思っていたのでショックでした」。

 今月上旬、大型サイクロンの被害にあったバングラディッシュにも訪れた。自らの経験をふまえ視聴者に訴えかける。「アフガンであまりの惨状に泣きたかったけど、私の涙が子供たちを苦しめると思い、涙を見せられなかったんです。泣くこと(同情すること)から一歩進んで何か(行動に移すこと)を考えないと。だから泣きません」。早くも“キャスターの顔”になっていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。