雑談ですわ
勝手に気ままに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行

「名は体を表す」というように、地名もその土地の歴史や特色を表しています。京都で地図を開く機会が増え、私はそれを実地で学びました。 糺の森、深泥池、 椥辻、紫竹・・・京都を散策していると、読み方すら分からない地名を、あちこちで見かけます。 京都の地図を見れば見るほど目に付く不思議な地名。その裏に興味深い由来が隠れていることを、私は図書館で手にした本から学びました。


風葬地だったことに由来する、ちょっとホラーな地名が、化野、紫野、鳥辺野、蓮台野など「野」という字が入っている地名です。 他の土地では聞かない表現ですが、京都の地名では「野」という字に葬送の意味があるようです。 特に鳥辺野という地名は、死体を木に吊し、その肉を鳥に喰らわせる「鳥葬」が行われていたためその名がついたとか。思わず、ぞぉ~~っとしてしまいます。


地名の由来を調べることで、他では得られないその土地の情報を得られるかもしれません。たかが地名と侮るなかれ!です。 人生で何もない人間がいないように、地名にも何かしら背景あるようです。何だか、もっともっといろんな地名の由来を調べてみたい気分です。 京都に加え、実家の周りや旅先など、今後はいろんな場所の地名を調べてみたいです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。