雑談ですわ
勝手に気ままに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行に行こう!

土地の知られざる文化や歴史が、その土地の地名に隠されていることがあります。私は趣味の京都散策がきっかけで、そのことに気づきました。 京都には、糺の森、深泥池、 椥辻、紫竹など、パッと見て読み方が浮かんでこない地名や通り名がたくさんあります。 地図上の見慣れない地名に戸惑ったことが、私を図書館に向かわせました。私はそこで、地名が非常に奥深いものだということを知ったのです。


化野、紫野、鳥辺野、蓮台野・・これらに共通する「野」という字は、京都の地名においてちょっぴり不気味な意味を持ちます。なんと、以前、風葬地だったのです! 他の土地では聞かない表現ですが、京都の地名では「野」という字に葬送の意味があるようです。 特におどろおどろしいのが鳥辺野という地名。ここは、死体を木に吊し、その肉を鳥に喰らわせる「鳥葬」が行われていたのです。背筋に冷たいものが走りませんか?


こうしてみると、地名は馬鹿に出来ない情報源です。ガイドブックが紹介していない土地の歴史や文化を表していることがあるのです。 なんだかもっと、いろんな地名を調べてみたい気分。「人に歴史あり」ならぬ、「地名に歴史あり」・・ですね。 自分の出身地や旅行先・・これからは京都以外でも、地名の由来を調査してしたいなと思っています。

スポンサーサイト

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。