雑談ですわ
勝手に気ままに書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国仲涼子

みなさん おひさしぶりです。
昨日はよく眠れました…。
よくネット等では国仲涼子が話題になっているようです。
どういうわけだか、どうもこの頃ダイエットが、関心を寄せています。

じゃあまた今度…。
スポンサーサイト

GWの旅行先

今年はカレンダーの並びが悪い。。。GWは近場で済ませよう。新たな発見が出
来るはずだ!

そうだ京都へ行こう

私が京都を頻繁に訪れるようになり気づいたこと。それが、「地名の由来には、その土地の文化や歴史が潜んでいる」ということです。 京都の地名や通り名には、読み方の難しいものが数多くあります。その例として、糺の森、深泥池、 椥辻、紫竹などが挙げられます。 ある日、私は図書館へ向かいました。京都の地図を開いては難読地名に首を傾げていたので、その由来を調べてみようと思ったのです。結果は、大変興味深いものでした。

化野、紫野、鳥辺野、蓮台野などには、背筋が寒くなるような由来があります。これら京都にある「野」という字が使われる地名は、昔、風葬の地だったのです。 これは京都の地名に限られたことのようですが、「野」という字に葬送の意味を持たせているのです。 私にとって衝撃的だったのが、鳥辺野という地名の由来。「鳥葬」が行われた土地ということですが、その方法たるや、死体を木に吊るして、鳥が啄ばむのに任せる・・というもの。

それにしても、地名って奥が深い!その由来を調査していくと、旅行雑誌では知りえなかった土地の情報がふっと頭をもたげてくるのです。 人生で何もない人間がいないように、地名にも何かしら背景あるようです。何だか、もっともっといろんな地名の由来を調べてみたい気分です。 京都だけでなく、自分の出身地や旅行先など、これからは行く先々で地名を調査してしまいそうです

国内旅行と海外旅行

あなたは国内旅行と海外旅行のどちらが好きですか?以前は旅行と言えば海外へ行く人が多かったようですが最近は国内という人も多くなってきたようです。

国内旅行の良い点でもある充実した温泉や、またテーマパークなどは小さなお子さんや高齢者にもとても優しいですね。それに言葉の不自由や、パスポートなど面倒な手続き等も必要ありません。

もし病気やケガをした場合でも、国内ならすぐ病院で診てもらうことができますし、何かあれば家族にもすぐに連絡がつきます。そういう安心感も国内ならではですね。

旅行をするなら、誰もが安全に楽しく、思い出に残る旅行にしたいですよね。しかし、旅行は普段とは違う行動をすることで、意外と思いもよらないことが起こったりもするのです。なるべく無理はしないで、安全な旅を心がけましょう。

快適な旅行

快適な旅行をしようと思ったら、日本国内では新幹線がまず頭に浮かびますよね。 ただし、新幹線での旅行も万能ではありません。 シーズンによっては、ちゃんと注意しないと大変なことになります。 考えられない程の混雑を完全に予測することはできません。 快適な旅行をとお考えならば、できるだけ指定席を確保した方が良いかもしれません。 自由席専門で、座席がないことに遭遇したケースってあまりないんですが、友人の話だと、金額的にそれほど違いはないようです。不安な旅行はしたくないので、今度、窓口で直接料金を確かめようと思っています。 


乗り物酔いになりやすい子供も、新幹線の旅行だと酔いにくいのではないでしょうか。 安定走行ができるようにレールは設計されているはずですし、余計な揺れが少なそうですよね。  自動車はクッションのやわらかいシートを採用していたりして、やわらかくて心地いいのですが、乗り物酔いの大敵である揺れをかなり誘発してしまいますよね。 乗り物酔いをしてしまって、窮屈な車内に押し込まれた状態のまま続ける旅行ほどつらいことはないですよね。新幹線なら客室も広くて安心です。この点からも新幹線の旅行はとても快適だと言えるんですよね。


このように、旅行の交通手段を新幹線にすると快適、且つスピーディーな旅行を実現できるわけです。旅行の目的地が長時間であっても、列車内で読書したりパソコンだってできるんですよね。自分の部屋が移動しているような錯覚に陥る人もいるようですよ。 ただ、停車駅の微妙な違いを確認しておくことが大事になるんですよね。そういう意味では、時刻表が使いこなせるってことも旅行を快適にするカギになったりするんです。 時刻表とにらめっこして、なんとしても最高の乗り継ぎパターンにチャレンジしてみるのも、旅行前の楽しみです。ついでに旅行に時刻表を持参すれば、寄り道なんかも自在に楽しめそうです。

旅行というと、海外旅行

10年くらい前には、旅行というと、海外旅行が人気を占めていましたが、最近では、国内旅行も人気があります。 ここ最近では、国内旅行を選ぶ人も増加傾向にありますが、あなたが、選ぶ旅行は、国内旅行と海外旅行のどちらですか? 国内旅行人気の高まりには、理由があります。温泉ブーム、そして、人気スポットがどんどん出てきていることだと思います。


楽しい思い出を残していきたいですね。旅行に行くときには、絶対に必要なものがあるのですが、わかりますか?これは、国内旅行・海外旅行を問いません。 旅行へいく段取りをしっかりとしておく方ですか?旅行には揃えるべきものがたくさんありますが、そのためにも旅行の条件を考えるべきです。 旅行の鉄則としては、誰と・どこに・何をしに・行くのか、季節はいつか、この2つは最低限の条件だと言えます。


海外旅行を甘くみては行けません。万が一、トラブル等に巻き込まれたときのためにも、対処方法などを確認しておくべきだと言えます。 たとえば、海外旅行に行ったことのある人であれば、必要なものもわかっていますので教えてもらうなどした方がいいでしょう。 楽しく、笑いの絶えない旅行にするためにも、どのような出来事に対しても対応できるように万全の装備をしてください。

旅行の考え方

旅行では、考え方の違いで、せっかくの旅行なので豪華に計画する人と、何度も旅行したいので安くあげようとする人がいます。 あなたの旅行は、豪華にする方ですか?それとも安くしあげる方ですか?旅行を贅沢にしようと思ったらキリがありません。 「宿泊費」「食費」「交通費」「観光・娯楽費」などの経費を、しっかり考えながら、旅行はしなければなりませんよ。

旅行に何を求めるか

旅行に何を求めるかによって、お金の使いが分かれます。せっかくの旅行なので豪華に計画する人と、何度も旅行したいので安くあげようとする人がいます。 あなたの旅行は、ゴージャス派?それともチープ派?旅行を贅沢にしようと思ったらキリがありません。 旅行をする上で、「宿泊費」「食費」「交通費」「観光・娯楽費」などの経費は、とても大切であることを理解しなければなりません。


また、旅行では、たくさんある乗り物の中で、「どうやって行くか」という、交通の手段も大事な要素だと思います。 あなたの旅行はどんな交通手段を使って行きますか?まずは車、バス、電車、飛行機、船・・・思いつくだけでもこれだけあります。 誰と行くのか、人数は何人なのか、目的地までの時間はどれくらいかかるのかを考えることは交通手段を選ぶ上でとても重要な要素です。


もちろん料金も重要です。新幹線1つにしても、座る席によって料金は変わります。そして一般的に飛行機は料金が高いです。 交通手段はいろいろ選択肢があって悩むかもしれませんが、どの部分を基準にして選ぶかが何よりも大切です。 費用を抑えて、楽しい旅行をするためにも、同行するメンバーのことも考えて、みんなにとって一番よい交通手段を選びましょう。

<海外旅行>富裕層向け高額商品ずらり 

大手旅行会社の08年度上期の経営計画がこのほど出そろった。海外旅行について今年は例年以上に富裕層向けのパックなど高額商品に力を入れているのが特徴だ。到着した空港からリゾート地のホテルまでヘリコプターで送迎する豪華版をはじめ、100万円超の商品がずらり。高級サービスで中高年層の客を呼び込み、1人当たりの単価を高めて各社は08年の売上高アップを目指している。

 JTBはフランスの高級リゾート地エビアン6泊8日で143万円の旅行パックを設定。高級ホテル宿泊やマッサージ付き温泉などを楽しめる。追加料金56万円でジュネーブ空港からホテルまでのヘリコプター送迎もある。

 日本旅行も、チケットが手に入りにくいチェコのプラハ音楽祭を楽しむ8泊10日97万円の旅を用意した。日本航空系のジャルパックは高級レストランの食事が付いたイタリア8泊10日を180万円で、近畿日本ツーリストは中欧4カ国の世界遺産訪問など7泊9日が82万円--と、いずれも通常の旅行パックより5割程度高めの価格設定にした。

「泣くより行動」藤原紀香がTBS系環境特番で初ナビゲーター!

「泣くより行動」藤原紀香がTBS系環境特番で初ナビゲーター!

藤原紀香さんは旅行好きで知られています。そんな彼女がナビゲーターに挑戦します。期待できる番組になりそうです。。。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080212-00000005-sanspo-ent

女優、藤原紀香(36)が3月3日放送のTBS系環境特番「明日のために…今」(後9・0)で番組を仕切るナビゲーターに初挑戦することが11日、分かった。収録前にサンケイスポーツの取材に応じた紀香は、ボランティア活動などで世界各地を訪れた経験を交えながら環境問題について熱弁。先月、夫のお笑いタレント、陣内智則(33)とアフリカ・モーリシャスに新婚旅行した際のエピソードも披露した。
続きを読む

京都旅行

「名は体を表す」というように、地名もその土地の歴史や特色を表しています。京都で地図を開く機会が増え、私はそれを実地で学びました。 糺の森、深泥池、 椥辻、紫竹・・・京都を散策していると、読み方すら分からない地名を、あちこちで見かけます。 京都の地図を見れば見るほど目に付く不思議な地名。その裏に興味深い由来が隠れていることを、私は図書館で手にした本から学びました。


風葬地だったことに由来する、ちょっとホラーな地名が、化野、紫野、鳥辺野、蓮台野など「野」という字が入っている地名です。 他の土地では聞かない表現ですが、京都の地名では「野」という字に葬送の意味があるようです。 特に鳥辺野という地名は、死体を木に吊し、その肉を鳥に喰らわせる「鳥葬」が行われていたためその名がついたとか。思わず、ぞぉ~~っとしてしまいます。


地名の由来を調べることで、他では得られないその土地の情報を得られるかもしれません。たかが地名と侮るなかれ!です。 人生で何もない人間がいないように、地名にも何かしら背景あるようです。何だか、もっともっといろんな地名の由来を調べてみたい気分です。 京都に加え、実家の周りや旅先など、今後はいろんな場所の地名を調べてみたいです。

新幹線での旅行

新幹線って快適ですよね。旅行には欠かせない乗り物です。移動時間を短縮し、その分、旅行自体に割ける時間を提供してくれます。 でも、時期によっては注意が必要になります。 ニュースの映像で、立ちっぱなしでつらそうな乗客を見たことがあります。そうなると、指定席を確保しておこうと考えるのも、楽しい旅行の実現のため、当然の成り行きです。 指定席と言うと、けっこうな金額が必要になると感じますが、実際は大して変わらないんですよね。 座席が確実に確保できていれば旅行中とても安心ですし、逆に割安です。 出発地や旅行先によって料金の違いもありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。


新幹線の技術はやはり大変なものなんですね。 乗り物酔いになりやすい私も、新幹線の旅行で酔ったことはありません。きっと子供たちにもやさしいんではないでしょうか。 自動車だと、直角に曲がったり、急停車したりすることもしばしばです。乗り物酔いには悪い要因が多いですよね。 乗り物で酔ってしまうと、旅行どころではないですよね。 当然、その間の時間はただただ耐えるだけになってしまい、とても旅行を楽しむなんてこととは無縁になっていまいます。やはり新幹線はいいですよね。


このように、旅行の交通手段を新幹線にすると快適、且つスピーディーな旅行を実現できるわけです。旅行の目的地が長時間であっても、列車内で読書したりパソコンだってできるんですよね。自分の部屋が移動しているような錯覚に陥る人もいるようですよ。 注意点としては、停車駅と旅行の目的地の駅が合致するかを確認する作業をしておくことなんです。あらかじめ時刻表をじっくりとチェックして、パズルのような作業を済ませておくべきでしょう。 時刻表なんていちいち揃えるのはいやだという方は、最寄の旅行代理店で切符だけ購入してしまうこともできますよね。そうすれば、確実に最短の乗車時間で目的地に到着できるはずです。

京都旅行に行こう!

土地の知られざる文化や歴史が、その土地の地名に隠されていることがあります。私は趣味の京都散策がきっかけで、そのことに気づきました。 京都には、糺の森、深泥池、 椥辻、紫竹など、パッと見て読み方が浮かんでこない地名や通り名がたくさんあります。 地図上の見慣れない地名に戸惑ったことが、私を図書館に向かわせました。私はそこで、地名が非常に奥深いものだということを知ったのです。


化野、紫野、鳥辺野、蓮台野・・これらに共通する「野」という字は、京都の地名においてちょっぴり不気味な意味を持ちます。なんと、以前、風葬地だったのです! 他の土地では聞かない表現ですが、京都の地名では「野」という字に葬送の意味があるようです。 特におどろおどろしいのが鳥辺野という地名。ここは、死体を木に吊し、その肉を鳥に喰らわせる「鳥葬」が行われていたのです。背筋に冷たいものが走りませんか?


こうしてみると、地名は馬鹿に出来ない情報源です。ガイドブックが紹介していない土地の歴史や文化を表していることがあるのです。 なんだかもっと、いろんな地名を調べてみたい気分。「人に歴史あり」ならぬ、「地名に歴史あり」・・ですね。 自分の出身地や旅行先・・これからは京都以外でも、地名の由来を調査してしたいなと思っています。

旅行

旅行を計画する時、たまにしか行かないからと豪華な旅にする人と、年に何度か行きたいからと、できるだけ安くあげようとする人といますが、あなたはどちらでしょうか?


その旅の重点をおきたいところは何でしょうか?宿泊施設なのか食事なのかそれとも、交通手段なのか。それをはっきりさせることにより経費の配分の仕方が変わります。あとは節約という方法もあると思います。


プラン作りをするうえで、節約術をみつけることも楽しいかもしれません。経費そのものはスリム化し、なおかつ目的を十分果たせるように、メリハリをつける工夫や賢い方法を探しましょう。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。